イスラエルインフォメーション~イスラエルのいろは~
株式会社テマサトラベル

お電話でのお問い合わせ

イスラエル インフォメーション

■トラベルインフォメーション ■イスラエルのいろは
■イスラエルの世界遺産 ■現地ガイドエッセイ
・ナザレにあるイスラエル版「日光江戸村」
・50分の1のエルサレムを訪ねて
・ヨルダン川の源流を訪ねて

イスラエルのいろは

Q.イスラエル入国には査証(ビザ)は必要ですか?

日本人が入国する際は空路の場合基本的に3か月、ヨルダンやエジプトから陸路にて入国する場合1か月の観光ビザが自動的に出ますので、事前のビザ申請は必要ありません。
なお、入国時パスポートの残存期間が6か月以上必要ですので、ご注意ください。

Q.パスポートにイスラエルのスタンプがあると、入国できない国があると聞きましたが?

確かにイスラエルのスタンプが押されたパスポートでは、イスラエルと国交のない一部のアラブ諸国(シリア、レバノンや湾岸諸国など)には入れませんが、現在イスラエルでは入出国の際、パスポートにスタンプは押されません。
ただし、陸路にてエジプトやヨルダンへ出国(または両国からイスラエルへ入国)される場合、国境通過時にエジプト、もしくはヨルダンのスタンプが押されます。その場合はイスラエルの渡航が分かってしまうので、ご注意ください。予め、別の用紙にスタンプを押してもらうことも可能のようです。
※上記の情報は変わることもありますので、必ず渡航までにご自身で情報をご確認ください。

Q.イスラエルへの直行便はありますか?

残念ながらまだありません(2018年12月現在)。
乗り継ぎがスムーズでなるべく短い時間で行きたい方は、大韓航空やアエロフロート航空、ターキッシュエアラインズ、キャセイパシフィック航空が便利です。
また、飛行機の中からイスラエルの雰囲気で旅行をご希望の場合は、香港や北京、バンコクなどからエルアル・イスラエル航空をご利用いただけます。

Q.隣国から陸路で入ることはできますか?

エジプトから入国の場合は、シナイ半島を経由してタバ国境からイスラエルのエイラット市へ。
ヨルダンから入国の場合は、北のヨルダン川国境(イスラエル側ベテシャン市)、中部のアレンビー橋国境(イスラエル側エリコ)、南部のイツハク・ラビン国境(=アカバ国境/イスラエル側エイラット市)の3か所から入国が可能です。
いずれの地点も交通の便が悪く、個人旅行の場合は余裕を持ったスケジュールをお考えください。また曜日により通過できる時間が変わりますので、ご注意ください。

(http://www.iaa.gov.il/en-US/borders/Pages/default.aspx /英語)

Q.治安の問題は?

一番心配な部分だと思いますが、通常の旅行中、特に心配するようなことはありません。
他国の旅行者も多く、また日常生活は普通です。ただ西岸地区のアラブ人都市やガザ地区、およびその周辺は避けたほうが良い場所です。
出発前に一度、海外安全情報(https://www.anzen.mofa.go.jp/ )などに目を通しておくことをお奨めします。
なおエルサレムの旧市街は、暗くなってからの一人歩きはお奨めしません。

Q.空港からの交通手段と旅行中の移動手段は?

基本は路線バス利用(http://www.egged.co.il/HomePage.aspx /英語)となりますが、テルアビブと地中海沿岸の町へは列車も出ています。
(路線図 http://www.egged.co.il/HomePage.aspx /英語)
(空港のサイト http://www.iaa.gov.il/en-US/airports/BenGurion/Pages/default.aspx /英語)
また、テルアビブの海岸沿いのホテル街へ行く専用バス(No.222)もあります。
ただし、いずれも夜間及び安息日(金曜日の夕方から土曜日の日没後まで)は運行していませんので、その場合はタクシーに頼ることになります。エルサレムへ行く場合は乗り合いタクシー(ヘブライ語で“シェルート”)を利用すると安価に済みます。
道路網は発達していますので、左ハンドルに慣れている方はレンタカーも一案だと思いますが、運転マナーが決して良い国とはいえませんので、余りお奨めはいたしておりません。

Q.英語は通じますか?

公用語はヘブライ語とアラビア語ですが、英語がほぼどこでも通じます。

Q.両替について教えてください

バスやタクシーに乗る場合は、現地通貨のシェケル(表記NIS=New Israel Shekel)をお持ちください。
個人旅行で空港からエルサレムやテルアビブへ行かれる場合は、とりあえず100~200ドル(銀行では日本円も利用可)ほどを両替されると良いでしょう。
空港の銀行は24時間開いています。お土産屋、遺跡近くの売店やキオスクでは、米ドルが直接利用できるところがほとんどです。
なおその場合でも店によってはつり銭が現地通貨になる場合もあります。支払い前にご確認をお奨めいたします。
なおホテル・フロントの支払いでは、米ドルで支払うと付加価値税(18%:2018年12月現在)が免除されます。

Q.服装についてはどうですか?

イスラエルの方はいたってラフな服装を好みます。ただしユダヤ教、キリスト教、イスラム教などの宗教関連施設に入場する際は注意が必要で、ノースリーブ、ミニスカートやショートパンツなどでは入れない場所もあります。
イスラエルは暑い国というイメージがありますが、エルサレムやゴラン高原などでは雨季(冬)は寒くなり雪が降る場合もあります。

Q.日本人ガイドはお願いできますか?

現地に日本人ガイドはいますが、人数が少ないため、ほとんどはグループのガイドとして早くから予定が入っているケースが多いです。
日本人ガイドをご希望の際は、お早めにお問い合わせください。なお、ある程度英語が理解でき、効率よく回りたい場合は、半日から数日の現地発のバスツアーご利用をお奨めいたします。

Q.安息日にはいろいろな制限があるそうですが、注意することは?

すでに交通機関のところでも触れたように、金曜日夕方から土曜日の日没後までは公共交通機関がストップします。
また観光施設や普通の商店も金曜日は通常より2~3時間早く閉まります。
またエルサレムでは三宗教が混在している関係で、それぞれの休日(イスラム教は金曜日、ユダヤ教は土曜日、キリスト教は日曜日)に注意が必要です。

Q.出国時のセキュリティチェックが厳しいと聞きましたが

セキュリティチェックは、口頭による質問(全体の旅程、泊まったホテル、持ち物などについて)がありますが、そこに至るまでに待たされることが多く、3時間前には空港へ到着しておくことをお奨めします。
それが終わってからチェックインカウンターへ向かうことになります。
(http://www.iaa.gov.il/en-US/airports/bengurion/Pages/Security.aspx /英語)

ページのトップへ戻る